作業者の安全性とコスト削減を実現するアスベスト無害化技術

アスベストを無害化してコスト削減&作業の安全性向上

アスベストを無害化してコスト削減&作業の安全性向上

JPカンファレンスでは、薬剤を噴霧するだけでアスベストが膨潤化して自然に剥がれ落ちるという最先端の技術を採用しています。従来のアスベスト除去作業では、人件費がかさむうえに作業者の安全性にも不安がありました。JPカンファレンスの方法を採用すれば、アスベストの除去作業をせずとも通常の解体作業が可能となります。

こちらのページでは、JPカンファレンスが実施しているコスト削減と作業者の安全を両立したアスベスト無害化技術についてご紹介します。

アスベストの無害化とは?

アスベストは、微細な針状結晶が人体に吸引されることで、肺などの器官に入ることで健康被害を引き起こします。アスベスト自体に化学的な毒性があるのではなく、その結晶の形状・細かさが問題となっている点がポイントです。

JPカンファレンスでは、薬剤をアスベストに噴霧することでアスベストの特徴である針状結晶を変化させることで無害化を実現します。アスベストに対して本処理を行うことで0.1%未満/重量まで減少させることができます。

  • アスベストの無害化とは?
  • アスベストの無害化とは?

当社の無害化技術の3つのメリット

メリット1コスト大幅削減

メリット1 コスト大幅削減

従来の方法ではアスベストを手作業で除去し、法令に基づいたアスベストの最終処分を行う必要があるためコストがかさんでいました。無害化処理したアスベストは膨潤化して自然に剥がれ落ちるので、高圧洗浄で簡単に洗い流すことができます。その後は熔融装置により「ガラスくず」として手軽に処分することができますので処分費用も削減できます。

除去後は通常の解体作業と同じ流れで処理できるため、アスベスト処理にかかるコストが大幅に削減可能です。アスベストの処理コストは一般的に1m2あたり4.5万円が相場とされていますが、JPカンファレンスの無害化処理ではその2分の1から3分の1ほどのコストになります。

メリット2作業者の安全性

メリット2 作業者の安全性

アスベストを無害化するための薬品を噴霧する際、機材を使った遠隔操作を行います。作業者が処理空間に立ち入ることなく無害化を進められるので、作業中にアスベストを吸引してしまうリスクを大幅に抑えることに成功しました。また、高所作業を必要としないため、転落などによってケガをするリスクも低減されています。

メリット3作業期間の削減

メリット3 作業期間の削減

アスベストを一つひとつ手でこそぎ取るのではなく、アスベストに薬剤を噴霧して膨潤化させることで自然に剥がれ落ちるので、高圧洗浄で洗い流すことができます。そのため、作業期間は大幅に短くなります。比較すると、従来の方法では届け出を行ってから除去完了まで3ヶ月ほどはかかりましたが、JPカンファレンスのアスベスト無害化処理では平均1ヶ月ほどで済みます。

リフラクトリーセラミックファイバー(RCF)にも対応

リフラクトリーセラミックファイバー(RCF)にも対応

JPカンファレンスでは、2015年11月から「特定化学物質(第2類物質)」に追加されたRFCにも対応しています。RCFはプラント工場の配管などに使われていますが、従来の方法ではプラントを止めて作業を行う必要がありました。JPカンファレンスの無害化処理は、プラントが稼働中でも部分的にビニールなどで囲いをすることで実行可能です。そのため、稼働率を下げずにRCFの除去を行えます。

ご自身で作業したい業者様に技術サポートを行っています

アスベスト無害化処理について、JPカンファレンスでは工事だけでなく薬剤のみの販売も承っています。技術指導などのフォローも行っておりますので、お気軽にご相談ください。